オーボエ奏者
荒 絵理子のコーナー
2007年のサイトウキネンフェスティバルの際、サイトウキネンといえば、この人と知るディヴェルティメントの代表のHさんに伴われて、当ホールにお越しいただきました。若手のオーボエ奏者でありながら、その実力は小澤征爾さんも認めるところ、20歳のときからSKOのメンバーとして、国際的なオーボエ奏者の宮本文昭さんが引退された、今や貴重な存在となっています。当ホールもオーボエ・ソロコンサートは今回が初めてで大変楽しみにしていました。こうも早くコンサートが実現するとは思いませんでしたが、やはり、赤い糸で結ばれているような気がしてなりません。
荒 絵理子(あら えりこ)
2004年東京音楽大学卒業。2002年第19回日本管打楽器コンクール第4位受賞。2004年ヤマハ新人演奏会出演。同年、第73回日本音楽コンクールにて、審査員満場一致で第1位受賞、併せて岩谷(聴衆)賞、E.ナカミチ賞受賞、NHK−FMリサイタルなどのラジオ出演や、N響メンバーと室内楽コンサート、三枝成彰プロデュースのコンサート、JTアートホール、トッパンホール、水戸芸術館企画のソロや室内楽コンサートなど、数多くのコンサートに出演している。ソリストとして新日本フィルハーモニー交響楽団、ニューフィル千葉、セントラル愛知、東京交響楽団等と共演。
2002〜2007年 小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトV〜[に参加 2005〜2006年 NHK交響楽団アカデミー生 東京音楽大学在学中から現在まで、水戸室内管弦楽団、サイトウキネンフィスティバル松本、東京のオペラの森の他、ドイツバッハゾリスデン、NHK交響楽団など、全国の数多くのオーケストラに参加している。これまでに、オーボエを似鳥健彦、和久井仁、小林裕、広田智之、宮本文昭の各氏に師事。2009年4月より東京交響楽団首席オーボエ奏者
東京交響楽団公式サイト→http://www.tokyosymphony.com/


荒 絵理子のコーナー【1】
荒 絵理子のコーナー【2】

荒 絵理子のコーナー【3】
荒 絵理子のコーナー【4】
荒 絵理子のコーナー【5-1】
荒 絵理子のコーナー【5-2】
荒 絵理子のコーナー【5-3】
荒 絵理子のコーナー【6】
荒 絵理子のコーナー【7】
荒 絵理子のコーナー【8】
荒 絵理子コーナー【9】
荒 絵理子コーナー【10】]
荒 絵理子コーナー【11】
荒 絵理子コーナー【12
 

演奏家トップへ戻る